相続税の改正

平成27年1月からの相続税の改正により基礎控除額が大幅に引き下げられました。これにより想続税への関心が幅広い層で高まっています。変更された点を知っておきましよう。

 

基礎控除

5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

→3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

 

例)配偶者+こども2人の場合(法定相続人:3人)

8,000万円→4,800万円(3,000万円+600万円×3人=4,800万円)

 

利率構造

各法定相続人の取得金額

【改正前】

税率

【改正後】

税率

 〜1,000万円以下 10% 10%
 1,000万円超〜3,000万円以下 15% 15%
 3,000万円超〜5,000万円以下 20% 20%
 5,000万円超〜1億円以下 30% 30%
 1億円超〜2億円以下 40% 40%
 2億円超〜3億円以下 45%
 3億円超〜6億円以下 50% 50%
 6億円超〜 55%

 

 

税額控除

未成年者控除

20歳までの1年につき:6万円

→20歳までの1年につき:10万円

例)相続人が15歳の場合:10万円×5年=50万円

 

障がい者控除

85歳までの1年につき:6万円

→85歳までの1年につき:10万円

 

小規模宅地等の特例

居住用の宅地等の限度面積が拡大

Screenshot at 9月 04 09-39-07

居住用と事業用宅地等を選択する場合の適用面積の拡大

Screenshot at 9月 04 09-39-22

節税対策

事前に対策をすることで、相続財産を少なくすることができます。持っている財産によって様々な方法があります。早めに検討しておきましょう。

課税財産を少なくする

贈与の活用

評価の低い財産に換える(現預金→不動産など)

アパートを建てる

マイナスの財産を増やす

アパートを建てるときに借金をする

法定相続人を増やす

実子・養子をつくる

税額控除、特例の活用

配偶者控除・小規模宅地等の活用

生命保険の活用

非課税枠500万円の活用


無料相談のご予約はこちらへ