相続税の納税準備

納税資金の準備も重要な相続対策の一つです。 

相続税額を下げることばかりに気を取られ、肝心の相続税を納付する資金がないと意味がありません。

 

多額の現預金を残せる場合であれば問題ありませんが、そうでない場合には「物納用の土地を残す」「死亡退職金を使う」といった財源対策を行うことが重要です。

 

「保険に加入して死亡時には保険金を受け取れるようにしておく」というのも対策の一つです。

 

納税資金を準備しておいたほうがよい理由 

相続が発生して10ヶ月以内に相続税の申告をしなければいけません。

 

いきなり多額の税金を納付しなければならないとなると、準備出来る方というのは多くありません。

 

中には、大切な財産を手放さなければならないという方もいらっしゃいます。

 

そのようなことにならない為にも、相続税の節税だけでなく、納税資金の準備もしっかりと行っておきましょう。

 

納税資金の準備に関するご相談も受け付けております。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

無料相談のご予約はこちらへ