相続税の申告(相続税とは)

179461

相続税の申告書は相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に相続税の申告書を提出しなければなりません。

また、原則として相続税の全額を現金で納付しなければいけません。

遅れると無申告加算税 や 延滞税等が課せられる場合がありまので、しっかりと理解しておきましょう。

相続税の申告・納付

相続税の申告は相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内が期限ですが、もし間に合わなかったり、申告金額が間違っていたらどうなるのでしょうか?

 

そこで、その際の考え方や方法についても理解をしておきましょう。

 

>> 詳しくはこちら
 

相続税申告に必要な書類

相続税申告には多くの書類が必要です。

 

必要書類を一覧表にまとめてましたので確認しておきましょう。

 

>> 詳しくはこちら
 

延納と物納

相続税は納付期限までに現金・一括納付が原則ですが、事情で一度に払えない場合も出てきます。

 

そこでその際の対応も理解しておきましょう。

 

>> 詳しくはこちら
 

期限後申告

相続税の申告は相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内が期限ですが、期限に間に合わなかった場合はペナルティが課せられます。

 

ただし、条件によってはペナルティを最小限に食い止めることも可能ですので確認しておきましょう。

 

>> 詳しくはこちら


無料相談のご予約はこちらへ